激しく動いても取れない

かつら選びにおいて重要なポイントは「取れない」こと。しかし、日常生活を送る上で激しい動きを要する場面には出くわすものです。安心してかつらを使用するため、激しい動きにも対応できるかつらを選ぶことが大切です。

取れないかつらとは?

スポーツなどのアクティビティを趣味とする男性はたくさんいます。かつらを装着していると、激しい動きで取れてしまったり、汗でずれ落ちたりする心配があるため、安心してアクティビティを楽しむことができません。そのようなお悩みを持つ方は、編み込み式かつらを使用してみてはいかがでしょうか。
編み込み式かつらとは、自毛に細い糸を編み込んで外れないように装着するかつらです。サイドの髪が残っている部分に編み込むため、てっぺん頭頂部に髪がない方でも問題なく使用することができます。
編み込み式かつらは自分でも取り外しができないほど強い力で固定するので、どんなシチュエーションでも安心して使用ができるでしょう。糸を編み込んでかつらを装着させると、スタイリストさんが自身のヘアースタイルとかつらのバランスを調整してくれます。こうすることで、激しく動いても取れないばかりか見た目も自然な仕上がりになるので、まるで自分の髪のように毎日の手入れができるのです。

激しく動いても取れないかつら一覧

・こだわりのネット素材を採用「HP-1」

編み込み式かつらの欠点は、自分で離脱ができないために汗やほこりなどの汚れが気になることです。
アデランスのHP-1はこだわりのネット素材を使用し、快適なつけ心地を目指します。こだわりの素材には吸収性・速乾性に優れた特殊加工糸ソアリオンYが使用されています。汗をかいてもすぐに吸収し、シャワー後はあっという間に乾燥。かつらの天敵であるムレや気持ち悪さを解消します。
また、HP-1にはより自然な髪を再現するため、ベース部分に「クリアネット分髪」と「切り子ベースネット」が使われています。自然な髪の分け目を作る加工がされているクリアネット分髪と、髪の立ち上がり感と立体感が実現できる切り子ベースネットによって、自然なヘアースタイルを手に入れることができます。快適で自然なかつらをお探しの方はアデランスのHP-1がオススメです。

・編み込み式と金具式のハイブリッド「ヘアウィービングフレックスシステム」

スヴェンソンの編み込み式かつらには、特殊な3本の糸を自毛に編み込む独自の技術が使われています。しっかりと固定された特殊な糸のおかげで、激しい動きにも対応します。また、通気性にも優れており、24時間装着していても気にならず、約一ヶ月間は着脱不要です。
ヘアウィービングフレックスシステムでは、編み込んだベースに金属ピンで新しい毛を留めることができます。好きな場所に金属ピンで留めるだけなので取り外しが自由自在に。これは編み込み式と金具式の双方の強みを生かしたかつらなのです。自由度が高く、動きにも強いかつらをお求めの方にはスヴェンソンのヘアウィービングフレックスシステムがオススメです。